ただ杜さんはべた褒めして下さってる感があるので、そこは気を引き締めていこう。笑

実際、今回書いたものも、独白としては思っていたものが書けたという手応えはあったが、文章としてどうなのかというと、全然満足できていないのが本音。
まだまだやれるというのが自分の感覚としてある

もっとうまくなりたい。なる

杜さんに見抜かれてしまっていた…
けっして多くの人にはウケない、むしろ大衆にとっては眉をひそめられかねない心情を包み隠さず書いた
それを暖かく見守ってくださる方と出会い、そんな心情を吐露してもいい場所まで提供してくださった。
本当にありがたいことだ。

オール・トゥモロウズ・パーティーズ

出版レーベル「人格OverDrive」執筆者用サーバ。好きに書き散らそう!