Pinned post

ねむれない
あしたからきついのに

おれの体感では男性の一割がサイコパス、二割がまともな人間、残り七割はどっちにも転ぶ人間で、この七割が積極的に暴力に加担し、楽しむように思う。指揮官がサイコパスの部隊は虐殺や拷問や強姦を楽しみ、まともな二割は真っ先に殺される。

閉鎖するつもりだったけれど、twitterで知り合った方にフォローしていただくとテンションあがるね……

筋トレして走ったらテンション上がったが改稿は一行も進まなかった

はやくねるつもりだったのにフルセットの筋トレをしてしまった

おれ人生にもうすこし楽しいことあったんじゃなかったっけ
思い出せない

三十分ほど机に突っ伏して眠ってしまった
あしたも早番で通し勤務だし寝床へ移動するか

なんもいいことないうちに年老いてしまった

杜 昌彦 boosted

本筋とはまったく関係ないけれど後半で語られている「勝ち負けじゃないところにモチベーションがあった」「どうやったら速く走れるか、という好奇心がモチベーションの半分」「おじさんはよく、ゴルフをやるじゃないですか。(略)誰もマスターズで優勝しようなんて思っていません。どうやったらうまくいくかなという楽しみがあるから、生涯続けていくのではないでしょうか」というくだりに、おれにとっての書くことと重なるものを感じた。
digital.asahi.com/articles/ASQ

ロシアもウクライナも権力をもつ連中のやることは戦前戦中の日本そっくりだ。

基本的におれは広告のうまい連中を信用しない。だれもがみんなおなじ方向へむかうのに不安をおぼえる。

ディズニーのアニメ映画『ズートピア』で、兎の若い女性警官が暴力団(よく憶えていないが鼠か何かだった)と手を組んで目先の敵をやっつけて得意満面、という結末を思い出す。あれをガラスの天井を破ることとして子どもたちに見せるのはどうなのか。

侵攻前のウクライナで民兵が市民に軍事訓練をするニュースに、阪神淡路の震災で炊き出しをする暴力団が重なってモヤモヤしていた。暴力がアイデンティティーであるひとたちがどのように国歌に入り込み権力や市民を利用するか。米国が育てたタリバンのようなことになりそうな気もする。
webronza.asahi.com/national/ar

Show older
オール・トゥモロウズ・パーティーズ

出版レーベル「人格OverDrive」執筆者用サーバ。好きに書き散らそう!