Pinned post
杜 昌彦 boosted
「インディゴ」

オーストリア・シュタイアーマルク州北部に、ヘリアナウという全寮制の学校がある。インディゴ症候群を患う子供たちのための学園だ。この子供たちに接近するものはみな、吐き気、めまい、ひどい頭痛に襲われることになる。新米の数学教師クレメンス・ゼッツはこの学園で教鞭をとるうちに、奇妙な事象に気づく。独特の仮装をした子供たちが次々と、車でどこかに連れ去られていくのだ。ゼッツはこの謎を探りはじめるが、進展のないまますぐに解雇されてしまう。その15年後、新聞はセンセーショナルな刑事裁判を報じる。動物虐待者を残虐な方法で殺害した容疑で逮捕されていた元数学教師が、釈放されたというのだ。その新聞記事を目にした画家のロベルト・テッツェルはかつての教え子として、ゼッツが手を染めたかもしれない犯罪の真相を追いかけていく──軽快な語り口と不気味さが全篇を覆い、独特な仕掛けがさまざまな読みを可能にする。既存の小説の枠組みを破壊して新しい文学の創造を目指した、神童クレメンス・J・ゼッツの野心溢れる傑作長篇。

https://ezdog.press/indigo.html

なんらかのソーシャルメディアもしくは現実のソーシャルに場所を見つけなければならないのだけれどもまずもって既存のソーシャルメディアはtwitterはもちろんFediverseであってもまったく適性がない。どうにかやっていく方法がないものかと検討しているのだけれどどうがんばってもむりだ。

無名著者を監視しているはずがないからなんらかの検知アルゴリズムに引っかかったのだろう。何度も修正したのがまずかったのか

キーワードによる関連づけは明らかにamazonに気づかれて対策されたな。露骨に表示優先度を下げられた。

PA-APIはだめだな。わずかな売上ではすぐに回数制限に達するようだ。あきらめた。

売上が二度発生したからPA-APIが復活した、はずだったのだが朝になったらまた取得できなくなっていた。吝い。吝すぎる。

きょうの最悪な発見。Amazonのアルゴリズムは「ジェンダー」という単語をエロ本と関連づけている。

JPROのキーワード設定でPOD版の関連付けがまともに機能するのは大発見だった。電子版はどうがんばってもゴミと関連づけられるけれども、PODではこの手法である程度、狙った関連付けを実現できる。あとはキーワードで集客した対象に向けて商品紹介をすればいいわけだ。こんな当たり前のことが電子版では不可能だった。

Show thread

直した。たとえば『悪魔とドライヴ』はなんの考えもなしに「3Dプリンタ」とか「女子高生」とか入力したせいでおかしな関連付けになっていた。「ナボコフ」とか「ピンチョン」とかにしてみた。

Show thread

JPROのキーワード設定すげえな。ちゃんと関連付けに反映された。電子版はゴミばかり関連づけられるけれどペイパーバック版はちゃんと機能する。もっと考えて設定しなければ……。

いけめんのアルバムでは美女がコーラス、美女のアルバムではいけめんがプロデューサーか。別々に知ってそれぞれ愛聴していたけれど、そういうつながりがあったとは。そういえばふたりともアンディ・シャウフとつながりがあるんだよな。

Show thread

ぐぐって知った。つきあってるのか。ソロ一作目からずっといっしょに演奏していたとは。美男美女のカップルだな……

Show thread

録音しとけばよかった。おれだけがおもしろく聴いてしまった。もったいない。

Show thread
Show older
オール・トゥモロウズ・パーティーズ

出版レーベル「人格OverDrive」執筆者用サーバ。好きに書き散らそう!